北九州市の外壁塗装業者の選び方!失敗しない業者探しの方法は?

北九州市の外壁塗装業者の選び方



外壁塗装業者の種類と特徴


外壁塗装を依頼できる業者は主に3種類。「大手ハウスメーカー」、「総合リフォーム会社・工務店」、「地域の塗装専門会社」です。


大手ハウスメーカー


「ダイワハウス」「住友林業」などのハウスメーカーは、点検の際に外壁塗装を勧めることもあります。大手ならではの安心感や長期保証がある一方、地域の塗装専門会社に比べて費用は割高になるケースも。よく名前を知っていて安心感のある会社に依頼したい方におすすめです。


総合リフォーム業者


水回りから外装までリフォーム全般を請け負う総合リフォーム業者。こちらの業者は塗装以外のリフォームも依頼でき、ハウスメーカーよりはコストを抑えることができます。塗装以外のリフォームも同時に考えている方におすすめです。弊社はこちらに属します。


地域の塗装会社


他の業者に比べて費用を抑えられる一方で、会社が多く会社選びが難しいかもしれません。


相見積りをとることが重要


塗装業者選びで重要なポイントの一つが、相見積もりです。複数の業者から見積もりを取ることで、各業者の提案内容や価格を比較し、自分に最適な業者を選ぶことができます。また、相見積もりによって相場を知ることも可能になります。弊社では独自に何種類かのグレード別の御見積書を作成しており、ご選択しやすいようになっていますのでご安心ください。


北九州での施工実績を確認する


北九州市での施工実績があるかどうかは、その塗装業者を選ぶ上で重要なポイントです。ホームページ上で施工事例を公開している塗装業者は信頼の材料になります。また、北九州地域の特性を理解した上での施工も期待できます。弊社では、ここ北九州の夏は暑く冬は比較的寒い地域に合わせたご提案をさしあげています。


スタッフの対応が誠実か?


対応が誠実な塗装業者は、顧客のニーズをしっかりと把握し、適切な提案をしてくれる可能性が高いです。施工前の相談からアフターケアまで、一貫した対応を期待できます。弊社はヒアリングを第一に重視しています。また、保証制度も設けておりますのでご安心頂けます。誠実な対応とは何でしょう?例えば、初めてのお客様にも丁寧に施工の流れや必要な作業を説明し、どのような塗装が家の状況やお客様の予算に最適なのかを具体的に提案します。また、施工時には、家の中や庭に汚れが出ないように配慮し、安全対策をしっかりと行います。施工後も、塗装が適切に機能しているかのフォローアップや、何か問題があった時の迅速な対応を約束します。これらが誠実な塗装業者の対応と言えるでしょう。


塗料や施工方法のデメリットについて説明しているか?


塗料や施工方法のメリットだけでなく、塗料のデメリットについてもしっかりと説明してくれる業者は信頼性が高いと言えます。自社の利益だけを追求するだけでなく、お客様の利益を第一に考えている証とも言えます。デメリットをお話しするのは会社の義務だとも言えます。弊社では経験談や体験談も交えて、分かりやすく嚙み砕いてお話させて頂いております。


保証やアフターフォローがあるか?


塗装工事は施主様にとって大きな投資であり、その結果が長持ちすることを望むのは当然です。工事後の保証制度やアフターフォローがある塗装業者は、その仕事に自信がある証拠であり、顧客の信頼を勝ち取るための重要な要素です。弊社は塗料と施工のW保証を行っております。


まとめ


以上のポイントをふまえて塗装業者を選ぶことで、適切な外壁塗装を実現できます。費用を抑えつつも、北九州市で信頼できる塗装業者を選び、あなたの住宅を美しく、長持ちさせましょう。


当たり前のお話ですが、当たり前のことが出来ない会社も多いのも事実です。中には利益だけを追求して、高額な塗装金額を提示したり、大袈裟な塗料の説明も行う業者もあるのは事実です。冷静な判断が出来ない場合は、一旦時間をおいて考えることも必要になってきます。ただ安いだけの施工にも問題がある場合も多いです。世の中、美味しい話にはなにかございます。皆さんの正しい判断が求められる時代です。


失敗しない塗装業者探しの方法は?



合い見積もりを取ろう!


適正な価格での見積りをもらうためには相見積もりを取ることをおすすめします。相見積もりとは、1社だけでなく複数の業者に対して見積もりを頼むことです。


1社にしか見積もりを頼まなければ、悪徳な業者は相場よりも高い見積もりを出してきます。しかし、ほかの業者にも見積もりを頼んでいるとなれば不当に高い金額は出せません。高い見積もりを出したところで、顧客を獲得できなければ意味がないからです。


相見積もりを取るときは、「ほかの業者にも見積もりを頼んでいます」と伝えておきましょう。相見積もりのプレッシャーがあれば、金額を水増ししたり、詐欺をはたらいたりする恐れが少なくなります。ただし、見積もりはできるだけたくさんの業者に頼んだ方がよいというものではありません。あまりに多くの業者に頼みすぎると、今度はどこに依頼すればいいのか混乱してしまいます。見積もりの依頼は多くても3社程度にしておくとよいでしょう。


そして、各社からの見積もりが揃ったところで、依頼する業者を決めます。高すぎる見積もりを出している業者は候補から外したほうがよいですが、安すぎる業者を選ぶのも避けておきましょう。

理由は、安すぎる見積もりを出す業者は手抜き工事をする恐れがあるからです。高すぎず安すぎず、相場価格で工事を依頼できる業者を選びましょう。


営業マンの対応を見よう!


言葉遣いや遅刻など、いい加減な対応をする営業マンがいる業者は、その時点で候補から外しましょう。難しい専門用語を並べる営業マンにも要注意です。依頼主が外壁塗装に詳しくないのをいいことに、業者が有利になるよう誘導している場合があります。


また、契約を焦らせる営業マンにも注意が必要です。「今決めてくれれば安くできますよ」といった言葉を信じてはいけません。施工価格を割り引いたぶん、工事を手抜きする恐れがあります。御見積書というものは時間をかけて綿密に作成します。そう簡単に大きな割引価格は出来ません。いったい何のための御見積りなのかを施主様も理解することが重要です。


そのため、依頼主に寄り添った対応をしてくれる営業マンやスタッフがいる業者に外壁塗装は依頼するようにしましょう。きっと皆様の痒いところに手が届く事でしょう。弊社のモットーはコミュニケーションです。コミュニケーションとはそう簡単に取れるものではありませんが、お客様の気持ちに少しでも近づけるように、日々努力させて頂いております。


訪問販売業者は控えよう!


塗装業者の訪問営業において、依頼主との間にトラブルが起こっているケースが多くあり、消費者生活センターに寄せられる「訪問営業によるリフォーム工事のトラブル件数」は増加傾向にあります。


例えば、自宅を訪れた業者が工事の見積もりを提示してきて、ほかの会社と比較する余地を与えないまま契約を迫ってきたケースや、外壁の点検といって訪れた業者に塗装工事の契約をさせられたというケースもありました。


悪質な訪問営業を行う業者の場合、依頼主に考える隙を与えずに契約を迫ってきます。無駄な工事の契約を避けるためには、「家族に相談する」「業者に知り合いがいるから聞いてみる」などといって、その場では契約しないようにしましょう。


さいごに


満足できる外壁塗装ができるかは業者選びにかかっているといっても過言ではありません。業者選びは妥協せず、納得できるまで慎重に探しましょう。