雨漏り修理

Leakage repair

雨漏りの主な症状

このような症状は雨漏りのサインです。
天井や壁にシミができている
天井や壁クロスの浮き・はがれ
天井から水滴が落ちてくる
クロスにカビが生えている
家全体に結露が多くなる
窓サッシから雨水が侵入している
壁内からポタポタ落ちる音がする

主な雨漏りの発生場所

雨漏りというと屋根や天井からとイメージされる方も多いですが、実際の発生箇所は屋根だけではありません。外壁やサッシ、排水の詰まりから雨漏りが発生するなど予想が難しい経路から雨水が浸入し、雨漏りにつながる恐れがあります。放置せずに雨漏りを発見した場合は早急にご相談ください

雨漏り診断士による雨漏り診断

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

ヒアリング(無料)

雨漏り診断ではまずお客様へヒアリングを行います。ヒアリングでは雨漏りの現状をお聞きし、いつ・どこで・どのように雨漏りが発生したのかを分かる範囲でお答えいただきます。このヒアリングで雨漏りの発生場所などの仮説を立てていきます。

目視検証(無料)

ヒアリングでお聞きした情報に基づき仮説を立てた後、実際に現場を確認していきます。雨漏りが発生している箇所や原因は複数発生している場合もございます。一つひとつ丁寧に確認を行い雨漏りの原因を特定していきます。

赤外線調査(有料)

肉眼では発見が難しい箇所も、赤外線を使えば傷んだ箇所の温度差を検知できるため、簡単に発見できます。雨漏りはもちろん、タイルの剥がれなど建物で悪くなっている箇所も見つけられます。雨漏り診断士の資格を持つプロが丁寧に調査いたしますのでご安心ください。

散水調査(有料)

散水調査は再現調査の際に使われる方法です。雨天時と豪雨時の状況を作り出すために、雨漏りの原因と推察される箇所へ実際に散水していきます。散水調査は建物の構造を熟知したプロが行わないと成果を上げるのは難しいものですが、弊社には豊富な実績を持つプロが揃っています。

ドローン調査(有料)

屋根・外壁を中心に、雨漏り診断士によるドローン調査を行い、調査した箇所の写真撮影を行います。雨漏り診断士の目で疑わしい箇所をとらえていき、鮮明な画像を施主様と共有させていただきます。
項目を追加

雨漏りの補修工事

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

雨仕舞い施工

雨仕舞い施工とは雨漏り補修のうちの一つになります。防水は防水シートや建物表面から、雨水の侵入を防ぐ施工に対し、雨仕舞い施工は雨水そのものを適切に排水し建物内部に雨水を侵入させないといった施工です。
項目を追加

雨漏りのプロ!【雨漏り診断士】とは?

厳しい試験に合格した
雨漏りのプロフェッショナル

雨漏り診断士は雨漏り診断士協会が発行している資格です。
雨漏り診断士協会は定期的に雨漏りに関するセミナーや教育研修を行っており「雨漏りの診断能力の向上」を目指している機関です。
資格認定試験では建物や防水の基礎知識をはじめ実務経験も必須になっており、誰でも簡単に合格できる資格ではありません。
雨漏り診断を依頼する際は、雨漏り診断士の資格があるかどうかを目安にすることができます。

匠エージェントの雨漏りに対する2つの考え

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。

POINT01

既成概念にとらわれない
雨漏りの原因は屋根だけではなく、外壁やサッシなど時には予測できない経路で発生している可能性があります。そのため既成概念にとらわれずにフラットな感覚で取り組む必要があります。

POINT02

雨漏りと長く付き合う
長年続く雨漏りは一度対処しただけでは止まらない場合がほとんどです。さらに複雑な状態で雨漏りが発生する可能性もあります。一度で完結させようとせずに一つひとつ補修することが大切です。
項目を追加

工事内容はこちら

屋根・外壁塗装・防水工事

工事をお考えの方はこちら

お問い合わせはこちら