天井のシミは雨漏り?シミの原因を解説


老朽化した外壁や屋根などは、どんどん雨に対する耐久性を失ってしまいますので、定期的にチェックを行う事で、深刻な雨漏りを事前に予防する事が出来ます。


応急処置としてご自分で行われる方もいらっしゃいますが、これはあまりおすすめできません。


事故にも繋がりますし、余計に雨漏りがひどくなる場合がほとんどです。


プロによる適切な処置が行われていない場合、他の箇所の劣化にもつながる恐れがあります。


大規模改修が必要になってしまうと、より施主様に大きな費用がかかってしまいます。


シミの原因:雨漏り

シミの原因として一番に思い浮かぶのは、やはり雨漏りなのではないでしょうか。


そして、その雨漏りはきっと屋根から、とイメージされる方が多いと思います。


屋根が雨漏りの原因となることはやはり多いのですが、実は屋根以外の場所からの雨漏りというのも珍しくはないことをご存知でしょうか。


<雨漏りの原因となる箇所>

・屋根

・屋上(陸屋根)

・ベランダ・バルコニー

・外壁


このように、ひと口に「雨漏り」といってもその原因は様々です。


原因がはっきりしないうちにむやみに工事をしても、シミの拡がりが改善しないとがっかりしてしまいますよね。


多少の雨漏りでは断熱材が雨水を吸い込んで室内側に症状が出ないこともあります。


天井の雨染みが気になり始めたら早急に対処しましょう。


シミの原因:結露


雨漏りと勘違いしやすいのが結露です。


冬、部屋を暖房で暖かくしていると外気との温度差で窓に水滴が溜まるのを経験されている方も多いでしょう。


同じように、屋根裏(小屋裏・天井裏)でも結露が発生することがあるのです。


室内で暖められ湿気を含んだ空気は上昇し、天井と屋根の間の空間、屋根裏へ到達します。


冬、屋根裏は冷えていますからそこで空気に含まれた湿気が水となり、屋根裏内を濡らすのです。


それがやがて天井のシミとなって現れることがあります。


【見分け方と対処法】


特に冬、雨も降っていないのにシミが大きくなってきたり水滴ができたりするようなら、結露の可能性が高いです。


屋根裏や壁内など見えないところで起こる結露を内部結露と呼びますが、知らないうちにお住まいを傷めていくので厄介です。


換気棟、軒天の有孔版、通気口等で(複数併用することで空気が循環し効果を発揮します。)屋根裏の換気を良くしたり、屋根裏に敷かれた断熱材を補修したりして結露を最小限にしましょう。


シミの原因:漏水


天井の上に水道管が通っている場合、その不具合による水漏れということも考えられます。老朽化や凍結による破損です。


特に、上階にトイレなどの水まわり設備がある建物では要注意です。


【見分け方と対処法】


この場合では一度に大量の水が漏れ出てくることが多いので、天井や壁のシミが急速に成長するなら漏水を疑ってみましょう。


水が垂れる音が聞こえることもあります。


早めに専門修理業者を呼んでみてもらいましょう。


シミの原因:動物


換気口や軒天などに不具合があると、屋根裏にイタチやタヌキ、ハクビシンなどが侵入して住み着いてしまうことがあります。


天井のシミはその糞尿が原因かもしれません。


衛生的に良い状態とは言えず虫が湧く可能性もあるので早めに対処したいですね。


【見分け方と対処法】


大きな動物であるほど足音がしますし、動物特有の臭いがあることもありますので判断はしやすいでしょう。


動物が嫌がる臭いのものを屋根裏に撒くなどの対処方法もありますが、確実に追い払うなら害獣駆除を専門としている業者に依頼するのが良いでしょう。


シミの原因:天井板や接着剤の劣化


天井板そのものが劣化して変色してくるケースや、天井に使われる建材の接着剤が経年とともに染み出してシミとなるケースもあります。


特に和室の天井で木目の化粧板の中には、ラミネート天井といって木目模様をプリントしラミネート加工されたものがあり、年月が経つうちに接着剤の成分が浮き出て変色してしまうことがあります。


【見分け方と対処法】


水が原因だと触ったときに湿っている感触がありますが、建材の劣化ならそれがありません。


また、接着剤が原因なら変色部分が合板に沿って真っ直ぐになることが多いです。


しかしそれだけでは接着剤だと断定できないのでしっかり点検してもらった方が良いですね。


シミの原因が接着剤だったり、軽度の劣化であればそれほど問題はありませんが、気になるようならクロスを貼るなどのリフォームをご検討ください。


天井や壁の小さなシミに気が付いたとき、雨漏りかもしれないと気にはなっても、


  • 「シミがもっと大きくなるまで様子を見よう。」
  • 「業者に来てもらうほどでもないかな。」


と放置してしまっていませんか?


もし天井のシミが雨漏りや結露、漏水によるものであれば、放っておくことでさらに大きな被害になってしまうかもしれません。


雨漏りや漏水を放置した結果、天井のクロスや天井そのものが剥がれて落ちてくるケースもあります。


天井板が腐食してしまえばそれだけ補修にも手間や費用が掛かりますし、カビや白アリの発生も見逃せません。


北九州の安心雨漏り専門店!(株)匠エージェント



北九州の雨漏り専門店(株)匠エージェントは、雨漏り診断士が在籍しております!


雨漏りは難しいと言われております。


弊社には雨漏りの専門家「雨漏り診断士」が在籍しています。


雨漏り診断士は、数多くの雨漏り現場の経験値から、お宅の雨漏り原因を突き止めます。


雨漏りは、家の構造や雨仕舞いなど、家の構造を熟知していないと、原因を追及することが出来ません。


雨漏り診断士は、雨漏り検査のプロです。工務店や建築会社からの雨漏り調査のご依頼も多い専門資格になります。


雨漏り最後の砦という心構えで、お宅の雨漏り調査を行います。


雨漏りに限らず何でもそうですが、早期対応が良い結果に導きます。「もしかしたら雨漏りかも?」ご心配でしたら、お早めにご連絡ください。


北九州唯一の雨漏り専門店(株)匠エージェントでは、ご相談されるお客様が安心してお任せできるように、雨漏り専門店(外装リフォーム専門店)を、北九州市小倉北区中井1-31-5にご用意させて頂いております。


雨漏り診断士とは?


雨漏りが発生した場合、致命的な損傷になる前に早急な対策として、原因追究や補修工事など早期対応をすることが、建物の寿命を保つためには重要な役目を果たすことになります。


但し、雨漏り発生の原因を特定する方法は、素人ではとても難しいのが現状です。


雨漏り発生時は、建設会社あるいは知り合いの業者に連絡をして見てもらうのが一般的ですが、そう簡単なものでもありません。


「雨漏りの発生原因は見ればわかる」など、簡単に考える業者もいるようですが、実際には、少し見ただけで雨漏りの原因を突き止められないことがほとんどです。


でも・・・ご安心ください!


北九州な雨漏り専門店匠エージェントは


雨漏りの専門家「雨漏り診断士」が在籍しています。


雨漏り診断士は、数多くの雨漏り現場の経験値から、お宅の雨漏り原因を突き止めます。


雨漏りは、家の構造や雨仕舞いなど、家の構造を熟知していないと、原因を追及することが出来ません。


雨漏り診断士は、雨漏り検査のプロです。


工務店や建築会社からの雨漏り調査のご依頼も多い専門資格になります。


雨漏りの110番という心構えで、お宅の雨漏り調査を行います。


雨漏りに限らず何でもそうですが、早期対応が良い結果に導きます。