今年の夏は違います!

何のお話か、、、実は匠エージェント本社の金属屋根とバルコニーを昨年の9月にガイナで塗装を行ったのです。


ガイナとは


宇宙航空研究開発機構[JAXA]からライセンス許諾を受けた、ロケット開発で培われた最先端の断熱技術を取り入れた(株)日進産業の製品「GAINA(ガイナ)」は、特殊セラミックを塗料化することに成功した機能性環境改善塗材です。


昨年、塗装した当初は実際秋に向かっていた時期でもあり、それほど効果を感じていませんでした。


ところが!今年、梅雨明けからの猛暑時ですが、例年と全く暑さが違うのです。驚きました。


ガイナは塗装後1ヶ月ほどして、塗膜全体が乾燥し中に含まれている中性子ビーズが表面に張り付いたような状態になったときから、いよいよ本領を発揮していくのですね。


当然のことながら、例年に比べてエアコンの温度設定をそれほど下げなくて良くなり、電気の省エネに貢献しています。


ガイナさまさまな中、快適に仕事に励んでおります。


ガイナを建物の外部に塗布すると、日射を効率良く反射し、夏季建物内が暑くなる原因となる熱の発生を抑えます。


さらに太陽光が当たると、塗膜表面が即座に高温度になり、入射した方向に遠赤外線を大量に放射します。


遠赤外線放射により高温度側へ熱を積極的に戻すことにより、低温度側への熱の流れを更に減少させます。


夏の冷房に対する効果だけでなく、冬の暖房効果も格段に改善できる省エネ商品として高い評価を頂き、「第43回 岩谷直治記念賞」及び「2017年度 省エネ大賞 審査委員会特別賞」を受賞しました。


「省エネ大賞」は、事業者や事業場等において実施した他者の模範となる優れた省エネ取り組みや、省エネルギー性に優れた製品並びにビジネスモデルを表彰するものです (主催:省エネルギーセンター)。


例年、当省より後援や賞状授与(経済産業大臣賞、資源エネルギー庁長官賞、中小企業庁長官賞)を行っています。


アーカイブ

人気記事