北九州のガイナ専門店が断熱塗料ガイナを語る

北九州の断熱塗装工事専門店ブログへお越しいただきありがとうございます。社員一同心より歓迎いたします。


外装リフォーム専門店(株)匠エージェント公式ホームページかこちら


このブログへお越しいただいたということは、現在外壁、屋根、内装などへの塗装をご検討だと思います。


しかし、最初にひとつお断りをさせていただかなければなりません。


このブログでは、塗装の一般的な知識や塗料とガイナとの違いについてのご説明はさせていただいておりますが、ガイナ以外の塗材の事はほとんど情報発信していません。


弊社の断熱塗装は、ガイナ以外の塗材はいっさい取り扱いをしていないからです。


当社は断熱塗料を推薦している会社ではありません。環境事業を推進している会社です。


そして、ガイナを塗料というカテゴリーでは見ていません。


ガイナはよくいろいろな塗料と比較されますが、実はガイナは塗料ではなく、セラミックを塗料化した全く技術の違う塗材なのです。


ガイナとは?


ガイナとは、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の持つロケット先端部に塗る断熱技術を株式会社日進産業が民間転用し、開発した断熱セラミック塗材の事です。


塗るだけで、暑い、寒い、うるさい、臭いなどといった様々な問題を解決し、快適な住空間を創出します。


ガイナが他の断熱塗料よりも優れている点として、『機能性効果』『遠赤外線放射率が高い』『耐久性に優れている』といったことが挙げられます。


ガイナは水性塗材であり、シックハウスの原因物質である有機溶剤等は含まれていません。


ガイナは熱のエネルギーを遠赤外線という別のエネルギーに変えて放射しています。(94.6%)


その為、断熱効果が高く、表面が汚れても効果を持続します。


ガイナは特殊セラミックビーズとアクリルシリコン樹脂とのハイブリットにより一般塗料に比べて2~3倍の寿命です。


温熱環境が激変し、かつ大量の紫外線を浴びる過酷な環境条件でも高い耐候性をもちます。


一般的な住宅屋根(コロニアル・黒)の場合、真夏には表面温度が70℃近くにまで上昇しますが、ガイナを屋根に塗装すると、その表面温度は約40℃にまで低下します。


このガイナが持つ遮熱効果はみのもんた「朝ズバ」やTBS「夢の扉」などメディアでも取り上げられ、官公庁・有名企業の多くがガイナを採用しています。


外装リフォーム専門店(株)匠エージェント公式ホームページはこちら







ロケット打ち上げ時の高熱から機体を守ります。


JAXAは、H-Ⅱロケットの開発に際して、 打ち上げ時の熱から機体および人工衛星を守るために、ロケットの先端部(フェアリング)に塗布する断熱技術を開発しました。


図のオレンジの線で囲まれた部分が先端部(フェアリング)で、ガイナ塗料を塗っている箇所です。




ガイナは、遮熱・断熱、防音、防汚・消臭、防露等の機能があり、多くの施工実績から見ても理解できるように、非常に優れた多くの機能性を持つことが実証されています。


ガイナ(GAINA)塗って宇宙の技術を暮らしの中で実現してみませんか?



最後に


現在は建物の保護・美観目的だけでなく、様々な機能を持つ塗料がありますが、目的によって建物の種類や施工部位、地域等に合った機能を持つ塗料を選択する必要があります。


ガイアのように、遮熱・断熱効果をはじめ、防音・遮音、結露対策、消臭、防汚等というような多機能を持つものが良いと思いますし、同じ高い工事代金を支払うなら、ステータスのある塗料の方が良いとは思いませんか?


断熱塗料ガイナは選択肢のひとつであると言えます。




ガイナ塗装専用ショールームのご案内(完全予約制・火~日)


株式会社日進産業が提供する商品、断熱セラミック「ガイナ(GAINA)」、結露防止商品「ノン結露」の機能・効果をショールームにて体感していただけます。


お申込みはこちらより



外装リフォーム専門(株)匠エージェントの公式ホームページはこちら

アーカイブ

人気記事