外壁塗装の値段が違う仕組みVol.④

外壁塗装の「値段の違い」は、様々な要因があります!



外壁塗装の「値段の違い」は、様々な要因が絡み合っていますが、値段が違う仕組みを知る事で、外壁塗装の失敗確率を下げられます。


外壁塗装が初めてのあなたは、塗装業者によってこんなにも値段がバラバラな事に、ビックリしてないですか?


例えば3社にお見積りをお願いした場合、同じ外壁塗装だったとしても、A社が70万・B社が160万・C社が100万など、各業者で出される値段が絶対に一緒になることはありません。


どの部分で値段の違いがでるのか、知らなければ悪徳業者に騙されてしまう事もあるため、わたくし外壁診断士の中村と一緒に必要な情報を見ていけると嬉しいです。


各家々の状況は異なります


外壁塗装のお見積りでは、どの業者からも同じ値段で提示されることはありません。


例えば、携帯電話・テレビ・車・パソコンなど、日常的に使うものの大半は、工場生産されて一定の品質が保たれた状態なので、値段も似ています。


しかし、新品ではなく中古、使い古されていた場合は、その度合いで買い取り価格が変わったり、売り出し価格も変わってきます。


あなたのお家も同様で、家に住む=使うという言い換えができ、何年も使っていれば、使われ方や周りの環境の影響によって、劣化する度合いが変わってきます。


そのため、前提としてどのお家も状況が異なるため、お隣さんと同じ時期に建てた家だったとしても、外壁塗装の値段はお隣さんとは違ってくることを知ってもらえればと思います。


値段の違いがでる前提を知ってもらったうえで、さらに値段が違う仕組みとして匠エージェントが発信する情報を見ていければと思います。



現地調査の方法によって値段が違う


適当な調査

・調査不備があり、後で追加工事が発生

・調査不備があり、他にも必要な工事はあったが、その部分は工事せずに終わらせる


入念な調査

・入念な調査で全て必要な工事は洗い出しているため、追加工事の可能性は低い


外壁塗装の値段を決めるために、まずはお家の外装を隅々まで調べます。


調べた結果によって工事の値段が決まってきますが、調査が不十分だと発覚した後は追加工事が発生したり、必要な工事があるのにも関わらず放置された場合は、数年後に大きな修繕費がかかる場合も…。


このように、現地調査の精度によっても、大きく値段が違ってきます。



提案される塗料によって値段が違う


品質の低い塗料

・安い

・すぐに剥がれる


品質の高い塗料

・高い

・長持ちする

外壁塗料には○○系と言われるグレード(品質)を表す呼び名があります。


アクリル系 < ウレタン系 < シリコン系 < ラジカル系 < フッ素系 このように、低い品質の塗料がアクリル系で品質の高い塗料がフッ素系になります。


どのグレードの塗料を使うかで値段も変わりますが、品質が高ければその分効果を期待できる年数も長くなります。


品質が低い塗料を使えば値段は安いですが、数年で剥がれることも…。


品質が高い塗料を使えば値段は高いですが長持ちする塗装ができるため、塗料によって値段が違ってきます。



保険へ加入・未加入によって値段が違う


保険未加入

・保険代が入らないので安い、しかし何かしらトラブルがあった場合、保証がされない

・あなたの工事の時だけ保険に加入することで多少値段が上がる


保険加入済

・継続的に入っている保険があるのでその分の値段が抑えられる


塗装業者はお客様に対して、万が一のトラブルを考え、損害保険などに加入していることがあります。


もし加入していなくても工事単体で入れる場合もありますが、保険加入の有無によっても値段が変わってきます。



どのポイントを重視するかによって値段が違う


金額重視の方

・品質の安い塗料を使ってもOK

・職人が素人でも塗れればOK


品質重視の方

・安かろう悪かろうは求めておらず、かけた値段分の品質を求めたい

・近所への配慮など業者の姿勢を大事にする


お客様ごとで外壁塗装に対して求めるポイントが違うことで値段も変わります。


例えば、品質が悪くても安ければいいと思う人もいれば、高くても品質の高い塗装がしたいと思う方もいます。


また、お客様の現在の家計の状況によっても、かけられる予算が違ってきます。


言うなれば、予算=値段の違いとも言えるので、お客様の考えが値段に大きく影響してきます。



外壁塗装を理解したら


外壁塗装の必要性や外壁塗装工事の具体的な行程を説明しましたが、いかがだったでしょう。


建物の防水機能が劣化する前に、外壁塗装することがとても重要です。


日々、建物の状況をみている訳ではないので、なかなか気付かない可能性もありますが、築5年以上を経過しているのであれば、建物の状況を観察してみましょう。


弊社では外壁診断をお勧めします。


そして、外壁塗装の相談は、きちんと信頼のできる業者へ依頼しましょう。


北九州のこだわり外壁塗装・屋根リフォーム専門店「匠エージェント」には、外壁診断士・雨漏り診断士・外装リフォーム検査士が在籍していますので、初めての塗り替えの方でもご安心ください。


アーカイブ

人気記事