北九州の断熱塗装なら実績豊富な匠エージェントまで

外壁塗装や内装塗装で使われる「断熱塗料」をご存じですか?


遮熱や紫外線カットなどの用語を聞く機会もあると思いますが、断熱塗料は遮熱塗料とは全く異なる塗料です。


家の外壁塗替えを検討する際に、暑さ寒さや結露が気になる方は断熱塗料を使用することで、お悩みが解決できるかも?


今回は断熱塗料の特徴からメリットデメリット、そして費用までご紹介いたします。


断熱塗料がもたらす4つのメリットとは?



遮熱に比べ効果の大きい断熱塗料ですが、実際にどのようなメリットをもたらしてくれるのでしょうか?


屋根や外壁に塗ることで得られる効果もありますが、断熱塗料は屋内の壁に塗ることもでき、その効果が実はすごいです。


室内の温度を快適に保つ


最初に説明したように、熱伝導率を抑えることによって外壁や屋根の温度上昇を避け室内の温度を快適に保つことができます。


屋外の表面温度は20℃も下がるとも言われています。


また屋内の壁にぬることで、室内の冷暖房の効果をあげ省エネ効果にもつながります。


結露の発生を抑えることができる


これは主に室内に塗ることで効果があります。


結露は外気と室内の温度差が大きいため発生しますが、壁の熱伝導率が下がることによって温度差が小さくなり結露が発生しにくくなります。


室内 = クロスという方が多いかもしれませんが、塗装にすることで温度や湿度を改善してくれたり、また職人の手で塗るため独特の味のある壁になります。


防音効果がある


断熱塗料は空気を含んだ特殊セラミックで構成されているため、音がセラミック反射しさらに空気層によって音が減退するという効果があります。


そのため、室内の壁に断熱塗料を塗ることで防音効果が期待できます。


外壁の耐久性が高く、効果も10年から20年と長い


断熱塗料はそもそも塗料の質がいいため、種類にもよりますが、低汚染性で汚れにくく、チョーキングと言った塗料のひび割れなどおきにくくなることも期待でき、外壁の高耐久性が期待できます。


また塗料の主流であるシリコンの耐久年数が10~15年に対し、断熱塗料は種類によっては20年近い耐久性を謳ってるメーカーもあり長い効果が期待できるのです。


住宅の構造にもよりますが、隣り合った部屋の音などは断熱塗料をぬることで騒音が半分以下になるとメーカーの実験結果ではでています。


また両方の部屋でなくても片方の壁にぬるだけでも効果が実感できるとも言われています。


断熱塗料によるデメリットとは?



断熱だけでなく、結露や音漏れなども軽減できる優れた塗料ですが、効果が高い分デメリットももちろんあります。


費用が高い


断熱塗料は遮熱塗料よりも2倍以上の価格になります。


断熱塗料のメーカーでももちろん差はありますが、住宅一件であれば約20万以上の差が出ると考えた方がいいかもしれません。


ただし、効果の持続期間を考えると年間数万、月に換算すると数百円となるので、その費用対効果をどのように考えるかはそれぞれの考え方次第ですね。


住宅の構造によって効果の出方がことなる


いくら高性能であっても、住宅の場合そもそもの構造や建材による効果が一番大きいのです。


そのためいくら壁を強化しようと、効果が出にくい住宅もあります。


逆に効果が出やすい住宅の特徴は以下の2つです。


屋根が金属系
断熱性能が低い家


屋根がガルバリウムやトタンなどの金属屋根の場合は、太陽光にて屋根の温度が上がりやすいことから、断熱塗料を塗ることで屋根野表面温度は確実に下がります。


また断熱性が低い家として、窓が大きく数が多い家や、断熱性能が低い窓、また住宅の断熱材やの問題などが考えられます。


窓が大きい場合は、やはり断熱性能が高いペアガラスに変えたりする方がが効果的と言えるでしょう。


総合評価




断熱塗料は熱伝導率を下げることによって、温度対策や結露や防音効果も期待できる優れた素材です。


高耐久性を誇り、美しく省エネ効果を期待できる反面、単価が高く住宅によって効果は様々といったデメリットもあります。


それぞれの塗料屋さんによって推している断熱塗料があると思うので、まず断熱塗料について聞いてみることをおすすめします。


福岡県北九州市の株式会社匠エージェントは、断熱塗料に関しても使用実績があり、ご相談により御見積をすることができます。


ただ値段が通常の塗料と比べて高いので、ご年齢やご家族構成・住まい方・塗料性能優先順位をお伺いして、需要とマッチしない場合は、あまり、無理に進めたりすることはしません。


あわせて断熱塗料はただ単に高いだけでなく、使用する缶数も多いのが断熱塗料の特徴ですので、必然的に缶数も必要になってきます。


もし希望があれば、または住宅によって効果が高くそのようなお悩みを抱えていた場合などは説明させていただくようにしています。


北九州で住宅塗装または室内の結露などでお悩みの際は、相談から調査見積りまで無料ですので遠慮なくご相談ください。


ご相談窓口はこちら


アーカイブ

人気記事