北九州で活躍する雨漏り診断士とは?

雨漏り診断士とは?


雨漏り修理を業者に依頼するときは、雨漏り診断士の資格をもっている業者に依頼をしましょう。


雨漏り診断士は、雨漏りを診断する知識をもっているという証ですので、業者を選ぶときの基準になります。


雨漏り診断士ってどんな資格?


雨漏り診断士とは、NPO法人雨漏り診断士協会から認められた資格者のことをいいます。


雨漏り診断士の資格を取るためには、認定試験に合格しなければいけません。


試験の内容は、建物の基礎知識、雨仕舞いと防水・塗装の基礎知識、雨漏り診断の実例・実務の3つになります。


雨漏り調査は難しく、雨漏り診断士協会が設立される前は雨漏りに対して決められた対処法がなかったため、解決できないこともありました。


しかし、雨漏り診断士協会が設立されたことで知識が共有されるようになり、技術者の判断する力が高くなっていきました。


雨漏り修理は経験も大切ですが、どのようなケースでも対応できる知識も重要になります。


匠エージェントの雨漏り診断士は、経験値だけでなく幅広い知識を持って北九州を中心に活躍しています。


業者に依頼をするときは「雨漏り診断士」の資格をもっているところに依頼をすることをおすすめします。


雨漏り診断士へのご相談はこちら


信頼できる雨漏り修理業者の選び方


雨漏り修理の業者を選ぶときは、雨漏り診断士以外にも注目していただきたいポイントがあります。


1.実績がある

いくら修理費用が安くても、実績がなければ満足した施工をしてもらえない場合があります。


実績があるということは、たくさんの依頼者が満足しているということになりますので、なるべく実績が豊富な業者に依頼するようにしましょう。


実績があるかどうかの確認は、業者のホームページ口コミで確認することができます。


2.見積りの内容が詳しい

見積りが届いたら、何にいくらかかっているのか確認してみましょう。


大まかな金額でしか書いていない場合は、適正な価格なのか判断できなくなってしまいます。


また、見積りを確認するときは、「どのような修理をおこなうのか」「どのような材料を使用するのか」について見ておきましょう。


この2つは、依頼する業者によって異なる場合があるため、比較するポイントにもなります。


3.質問に答えてくれる

信頼できる業者は、心配なことや疑問に思ったことは親身になって答えてくれます。


知識や経験があれば、どんな質問にもわかりやすく説明してくれるはずですので、わからないことは積極的に聞いていきましょう。


雨漏り診断士:中村邦夫


匠エージェントの雨漏り診断


匠エージェント(北九州市小倉北区・北九州市若松区)では、雨漏りの診断を正確に行うために、「雨漏り診断士」という資格を持った調査員がいます。


補修経験と知識が豊富な雨漏り診断士は、いわば雨漏りのプロです。


当社では、雨漏りに対して固定観念にとらわれない冷静な判断と対処方法をご提案いたします。


雨漏り目視診断で解決しないときは?


現地調査の結果、台風や突風による吹込みなど、その時の気象状況が原因等で特定できない場合があります。


雨漏りの目視現地調査だけでは、原因が分からないケースも多いのは否めません。


そんな時は機器調査や散水調査を行う有料雨漏り調査をお勧めします。


目視検査での予測・仮説に基づき、慎重に雨漏りの浸入位置を特定する方法です。


時間と費用は掛かりますが、発見率はグンと高くなります。



既成概念にとらわれない



雨漏りは建築の経験だけでは見つかりません。


なぜなら既成概念にとらわれていると、ココはないだろうと決めつけてしまうからです。


雨漏れの発生箇所は外壁周りが多いということをご存知でしょうか?


雨を直接受ける屋根よりも外壁の方が原因となるものが多いのです。


このように雨は予測できない所から入り、予測ができない経路で内部に出てくるものです。


だからこそ、建築知識と建築に依存しない考え方の両方を持つ雨漏りのプロが必要です。


匠エージェントの雨漏り診断士は、雨漏り補修の経験を活かした対処策をご提案します。



雨漏りと長く付き合うことも必要な場合があります!


雨漏り診断士協会:雨漏り診断士認定登録証



雨漏りと長く付き合うと聞くと


「えっ?」


そう思われるかもしれません。


しかし・・・


あくまでもレアケースのお話ですし、心構えの問題のお話です。


決して逃げ言葉ではありませんので、ご安心ください。


長年原因のわからない雨漏りに関しては、1回の診断、散水調査、補修では雨漏りが止まらないことが多いです。


雨漏りの原因が複数で複雑になっている可能性があるからです。


そういった場合、雨漏りを特定するのは根気よく、辛抱強く、そして冷静にならなければいけません。


安易に決めつけると、逆効果になるケースや手遅れになるケースもあります。


雨漏りと長くつきあうというスタンスで取り組むことで原因の一つ一つを明らかにし、補修していくことが大切です。


雨漏りの修理の知識、経験が少ない会社さんが雨漏り点検、補修をして逆に悪化するというのは、1回でどうにかできると考えているからです。



まずはじっくりとお話をして、落ち着いて進めていきましょう・・・


そうすることが成功の近道ですので。

アーカイブ

人気記事