次世代ガルバリウム鋼板とは?

ガルバリウム鋼板®の発売から約30年たちました。


確かな実績を持つガルバリウム鋼板をベースに、マグネシウム(Mg)の防錆効果をプラスしています!


ガルバリウム鋼板の3倍超※の耐食性を実現しました。

※日鉄鋼板(株)複合サイクル試験の腐食減量測定結果から推定。


とくに、腐食が起こりやすい切断端部や傷部などの腐食抑制効果が大きく、

厳しい腐食環境でもガルバリウム鋼板を超える耐食性を実現しています。


カラー鋼板の下地としても最適で、加工性も良好です。


次世代ガルバ「エスジーエル」とは


エスジーエルは、ガルバリウム鋼板(55%アルミ-亜鉛合金めっき鋼板)をベースに、さらなる耐食性向上を実現した次世代ガルバリウム鋼板です。


わが国の人口減少、少子高齢化といった社会構造の変化により、建築物はフロー型からストック型への転換期に入りつつあります。


それに伴い、めっき鋼板商品など建築外装材へのさらなる耐食性向上ニーズが高まってきております。


こうしたニーズを先取りし、日鉄鋼板はガルバリウム鋼板のパイオニアとして、長年の実績と最先端の技術開発により、革新的な耐食性を持つ次世代ガルバリウム鋼板を作り上げました。


エスジーエルはガルバリウム鋼板のめっき組成に新たにマグネシウムを追加。


ガルバリウム鋼板独自の合金めっき構造を踏襲しつつ、マグネシウムの働きによってめっき層を強化したことで、ガルバリウム鋼板の3倍超の耐食性を獲得しました。


その独自の「耐食性向上メカニズム」によって引き出される性能は、あらゆる環境下でガルバリウム鋼板を上回るパフォーマンスを実現します。


とくに厳しい腐食条件下や切断端部・傷部において、その効果は抜群です。


エスジーエルは時代の要望に応える、当社の叡智を結集した新しい素材です。


鋼板を錆から防ぐ表面処理技術の中でも、亜鉛めっき鋼板の持つ「犠牲防食作用」は、効果的に鉄の腐食を防ぐ代表的なメカニズムとして古くから活用されてきました。


20世紀に入り、亜鉛めっき鋼板は、日本の近代化の歴史に深く関わりながら、おおむね30年ごとに大きな進化を遂げてきました。


ガルバリウム鋼板の国内初生産から約30年。


エスジーエルはガルバリウム鋼板のさらなる進化形として誕生しました。


これからの時代は、SDGSの事を念頭に置くと、このエスジーエルはマストになってくるはずです。


実際に弊社でも、ご提案は全てエスジーエルで行っています。


エスジーエルについて詳しくお話しさせていただくと、大半の施主様は「それなら・・・」と賛同していただけます。


長い目で見たら、お得な買い物であることは間違いありません。


エスジーエル鋼板とはざっくりいうと、ガルバリウム鋼板を改良させたメッキ鋼板です。


ガルバリウム鋼板よりも耐久性に優れた素材と認識してください。


屋根ではエスジーエル鋼板を採用している屋根材メーカーが増え、外壁でもエスジーエル鋼板が採用されはじめています。


これからは「ガルバ」ではなく、「エスジーエル」が金属建材のキーワードになるはずです。


ガルバは「GL」エスジーエルは「SGL」と表記することもありますのでご注意を・・・。


切断部や傷箇所の腐食抑制効果が大きい


金属建材の屋根と外壁は切ったり、曲げたりする加工を数え切れないほどおこないます。


切断部分や曲がった部分はメッキ成分が薄れ、錆びが発生しやすくなります。


施工中の傷や将来発生のおそれがある傷も同様です。


しかし、エスジーエルは、こうした部分の腐食進行を強力に抑制する作用があります。


保証内容が大きく改善


アイジー工業が販売するスーパーガルテクトは、エスジーエル鋼板が用いられています。


この商品は2016年に従来のガルバリウム鋼板からエスジーエル鋼板に切り替えられました。


商品名も「ガルテクト」から「スーパーガルテクト」に変名されています。


その結果、メーカー製品保証も手厚くなりました。


商品名 素材 穴あき保証 沿岸部での保証適用

ガルテクト ガルバリウム鋼板 10年 沿岸部から5km離れた場所

スーパーガルテクト エスジーエル鋼板 25年 沿岸部から500m離れた場所


手厚い保証内容でも分かるように、とても優れた商品だと言う事がうかがえます。


ガルバリウム鋼板とエスジーエル鋼板の値段


2016年当時、ガルテクトはメーカー小売価格5,100円/㎡で販売されていました。


エスジーエル鋼板のスーパーガルテクトは小売価格5,200円/㎡でした。


㎡あたり100円しか変わらない価格設定で販売されていた経緯があります。


費用対効果を考えてもエスジーエル鋼板が優れていることがわかります。


最後に


工事会社のウェブサイトやブログ、ユーチューブ動画をみていると、「ガルバ」の話しばかりされています。


ガルバリウム鋼板の屋根材や外壁材を取り扱うメーカーや商品、工事会社が多いことが背景としてあります。


同時に「ガルバが良い!!!」といった解説であふれているので、エスジーエル鋼板の良さが隠れてしまっています。


すでにガルバリウム鋼板の時代ではなく、これからの屋根材や外壁材はエスジーエル鋼板の時代に差し掛かっているのが事実です。


言うまでもなく耐久性の費用対効果を考えると、エスジーエル鋼板が最もおすすめです。


これから屋根と外壁の工事をおこなう予定があるかたは、エスジーエル鋼板を意識して選択してください。





アーカイブ

人気記事