北九州市若松区の外装リフォーム(外壁塗装・屋根瓦葺き替え・付帯部塗装)

北九州市若松区のT様から外装リフォームのご相談をいただきました。

「セメント瓦を陶器瓦にやり替えたい・・・屋根塗装のメンテナンスは今後年を取ると疲れるので・・・」

旨のご相談内容でした。

ご希望は耐久性のある瓦でしたので、防災機能を持った(株)シバオ:総合防災ウルトラ3S瓦石州瓦でご提案させていただきました。

優れた防水・防災機能が搭載されている優れものの瓦で、その反面、見た目はスッキリしているので上品な瓦です!

外壁塗装については当初悩まれましたが、仮設足場を組んでいたので、今後の家のメンテナンス費用のランニングコストを考えて、思い切って塗り替えを行いました。

弊社も耐久性能があるシリコン塗料でご提案させていただき、一級建築塗装技能士の職人が施工管理しました。

  • 竣工日

    2016年11月

  • 場所

    北九州市若松区

  • 施工内容

    屋根工事(石州防災瓦和形シバオ)外壁塗装(エスケー化研:水性セラミシリコン)付帯部塗装(エスケー化研:クリーンマイルドシリコン)玄関屋根材(ガルバリウムカラー鋼板)

  • 構造

    木造(在来工法)

  • 施工者

    匠エージェント

  • 家族構成

    2人家族

お客様の声

ずーっとセメント瓦を気にしていました。

塗装工事の度に精神的に疲れて、「最初から陶器瓦にしとけば良かった・・・」とリフォームの度に思って後悔していました。

塗っても塗ってもキリがないなと・・・

ただその機会も忙しい日常生活では忘れていたのですが、たまたま近所で工事をしていた匠エージェントさんの梶川さんと知り合いました。

それから時々悩みを打ち明けるようになり、主人にも相談し、思い切って陶器瓦に葺き替えることにしました。

これで長年のストレスも無くなりました。

最初は予算を少し低めに考えていました。

近所の知人が葺き替え工事をした時の金額を参考にしていたのですが、後から聞くと、ほとんど標準工事内容が入っていなかったそうで、やはり話は最後までしっかりと聞くべきなんだと思いました。

安かろう悪かろうではもったいないですよね・・・

うちでは古くなった下地材を補強したり、新しい木材で重ね張りしたり、考えられる工事内容はお願いしました。

匠エージェントさんに決めた理由の一つとして、一級かわらぶき技能士の施工だからでした。

安心ですよね・・・

塗装工事はあまり考えてなかったのですが、せっかく足場があるので、予算が合えばしようと思ったくらいでしたが、予算内で納まりましたのでお願いすることにしました。

色だけは主人の希望がありましたので、綿密に打ち合わせて、試し塗りもして決めました。

イメージもガラリと変わり、これで安心して暮らせます、ありがとうございました。

前の施工事例

戸建て

北九州市若松区の外装リフォーム(外壁塗装・コロニアル屋根塗装・付帯部塗装・屋根瓦補修)

次の施工事例

戸建て

北九州市戸畑区の外装リフォーム(板金工事・シーリング打ち・火災保険対応工事)

おすすめの施工事例